single mattresses

スポンサードリンク

外貨預金|基本を押さえれば 敷居は意外と高くない。

外貨預金は一時ずいぶんと話題に登ったものですが
その外貨預金を資産運用の方法として
基本的なところを押さえれば意外と敷居は高くないものです

詳細は他項に譲りますが、ざっと基本的なことをお話すると
まず大きなポイントは
円を外国の通貨に交換して預金する、ということ

そこで多くの人が「 敷居が高い 」「 むずかしいっ! 」となってしまうのですが
資産運用方法をキチンと知っていけば
とても効果的な運用のできる方法であることがわかると思います

円を外貨に交換して預金するということの大きな利点のひとつに
不景気真っ只中の日本円よりも高い金利が得られることでしょう
一時はアチラコチラで話題の絶えない投資法となりましたね

ただし、大きな利益が狙えるものは
得てしてハイリスク・ハイリターンと言われますが、外貨預金もまた然り

手数料が高く付くことや、為替相場の変動などによっては
資産を減らしてしまうリスクもある運用方法ですから
外貨・為替情報や基本的な知識を学ぶことは必要だと思います

また、資産運用方法と固く考えず、
海外へ転勤する、留学する、といった場合に利用すると
お金を使う度に円から両替するなどの手間を省くことができますね
計画的に先が見えているなら上手に利用するとかなり便利です

さらに、どういう目的がメインであれ、
外貨預金を始めたら世界経済の情報に強くなったり
世界の時事ニュースに詳しくなった、という方も多いと聞きます

それ自体が社会の勉強、情報収集にも繋がり
効率的な資産運用法としても魅力の高いのが外貨預金なのです


スポンサードリンク

外貨預金の第一歩|「 仕組み 」を知る

外貨預金を始めるための第一歩として
まずはその「 仕組み 」をきちんと知ることから始めましょう

外貨での預金をする、わけですから
預けるお金は円ではなく、預ける国のお金、「 外貨 」を預けます
ですので、預ける前段階で円から外貨への交換、つまり「 為替 」が必要です

その預けたお金を引き出す時には、円に戻してから引き出す、
または預けてある外貨のまま引き出す2種類のパターンになります
たいていの方は円に戻して引き出すパターンになるでしょう

円を外貨に、外貨を円にと交換することを外国為替(為替)といい
為替の際のレートは日々変動し、
その差益によって大きく利益を出せることも魅力となっています

通貨毎に価値が異なってくるため、「 交換比率 」が常に変動します
そういった比率を「 レート 」と呼び、
外貨預金では、そのレートの変動により差益・差損が出てくるのです

たとえば、1ドル100円のレートで1万円(100ドル)預けるとします
為替の交換比率(レート)が変わり
1ドル110円になれば11000円、1ドル90円になれば9000円
というように、差額が発生してくるのです

預ける金額を1000ドル、10000ドルと大きくすれば
その差も非常に大きな金額になってきますね

ただし、そのレートの変動によって利益がでていたとしても
外貨を円に戻す為替に、為替手数料がかかってしまいますから

差益全てを受け取れるわけではありません

その手数料は銀行や、サービス毎に異なりますから
手数料はできるだけ安く設定されているところを選ぶのが良いでしょう

外貨での預金は、国内の銀行で円を預けるのとは随分と異なりますので
人気があるから、話題になっているから と
銀行任せにはじめるのではなく
きちんと仕組みから勉強して、資産運用方法の1つとして活用しましょう


1234567891011

TOPPAGE  TOP